学術講演会

平成28年度 (2016年度)

  1. 御堂義博, 三浦克介, 村上恭和, 中前幸治, “ウェーブレット隠れマルコフモデルを用いた電子線ホログラムの雑音低減”, 第64回応用物理学会春季学術講演会予稿集,14p-424-8, 14-17 March 2017.
  2. 三浦克介, 御堂義博, 村上恭和, 中前幸治, “弛緩法を用いた電子線ホログラム像の干渉縞欠損修復”, 第64回応用物理学会春季学術講演会予稿集,14p-424-9, 14-17 March 2017.

平成27年度 (2015年度)

  1. 井野昂宜, 三浦克介, 中前幸治, “故障解析装置を用いた AES 暗号化回路への攻撃手法と耐攻撃設計の評価”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, no.A-7-14, 15-18 March 2016.

平成26年度 (2014年度)

  1. 御堂義博, 三浦克介, 豊田康隆, 中前幸治, “自己組織化リソグラフィにおける微細ラインパターン画像処理(I),” 電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ大会, A–4–3, 23–26 Sep. 2014.

平成25年度 (2013年度)

  1. 御堂義博,西竜治,メディヌリシラジ,鎌倉快之,井上雄紀,三浦順一郎,鷹岡昭夫,中前幸治,"(招待講演)トモグラフィー電子顕微鏡用ソフトウェアHawkCの紹介",日本顕微鏡学会第69回学術講演会, T1-B21pm06,20-22 May 2013.
  2. 工藤修一,廣瀬幸範,舟山幸太,大形公士,井上真雄,中嶋伸恵,国宗依信,西田彰男,朝山匡一郎,服部信美,小山徹,中前幸治,"球面収差補正STEMおよびアトムプローブを用いたHf添加ゲート絶縁膜の構造解析",日本顕微鏡学会第69 回学術講演会, M6-D22am08,20-22 May 2013.
  3. 御堂義博,中前幸治,"電子線トモグラフィー傾斜シリーズ画像の非線形Total Variationに基づく雑音除去の検討",第61回応用物理学会春季学術講演会講演予稿集, 18a-F5-6,17-20 March 2014.

平成24年度 (2012年度)

平成23年度 (2011年度)

平成22年度(2010年度)

  1. 林 史也, 御堂義博, 中前幸治, "試料傾斜角の異なる複数枚SEM画像からのLSI 三次元形状推定", FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム, H-043 (2010).
  2. 御堂義博, 鷹岡昭夫, 森博太郎, 中前幸治, "電子顕微鏡トモグラフィのためのマーカーフリーアライメント手法の検討", FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム, G-014 (2010).

平成21年度(2009年度)

  1. 山下将嗣, 大谷知行, 金鮮美, 村上博成, 斗内政吉, 松本徹, 御堂義博, 三浦克介, 中前幸治, 二川清, "LSI 故障解析用LTEM プロトタイプ装置の開発", 第70回応用物理学会学術講演会(秋季大会), 9p-M-14 (8–11 Sep. 2009).
  2. 御堂義博, 今井貴夫, 関根和教, 武田憲昭, 猪原秀典, 中前幸治, "新しい眼球運動解析システム(2)", 第68回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会抄録集, p. 312 (25–27 Nov. 2009).
  3. 野津孝行, 三浦克介, 中前幸治, "QCA-PLA の耐欠陥性向上", 電子情報通信学会総合大会, C-12-33 (16–19 Mar. 2010).
  4. 三浦克介, 二川清, 中前幸治, "走査レーザSQUID 顕微鏡によるシミュレーションを活用したVLSI 故障絞り込み法", 電子情報通信学会総合大会, C-12-66 (16–19 Mar. 2010).
  5. 御堂義博, 山下将嗣, 松本徹, 斗内政吉, 二川清, 中前幸治, "LTEM によるLSI 故障解析のためのTHz 波シミュレーション(II)", 第57回応用物理学会関係連合講演会, 19p-L-9 (17–20 Mar.2010).
  6. 松本徹, 山下将嗣, 大谷知行, 金鮮美, 村上博成, 斗内政吉, 御堂義博, 三浦克介, 中前幸治, 二川清, "レーザテラヘルツエミッション顕微鏡のLSI 故障解析への応用", 第57回応用物理学会関係連合講演会, 18p-M-8 (17–20 Mar. 2010).

平成20年度(2008年度)

  1. 今井貴夫, 御堂義博, 関根和教, 佐藤 豪, 中前幸治, 武田憲昭, "新しい眼球運動解析システム," 第67回 日本めまい平衡医学会総会・学術講演会, p. 484 (Oct. 2008).
  2. 御堂義博,高島真彦,鷹岡昭夫,西 竜治,中前幸治, "SIFT特徴量を用いた電子顕微鏡トモグラフィ自動化の検討," 第69回応用物理学会学術講演会, No. III, p. 890 (Sep. 2008).
  3. 御堂義博,中前幸治,山下将嗣,斗内政吉,二川 清, "LTEMによるLSI 故障解析のためのTHz波シミュレーション," 第69回応用物理学会学術講演会, No. III, p. 989 (Sep. 2008).

平成19年度(2007年度)

  1. 吉村昌悟, 御堂義博, 中前幸治, 今井貴夫, 関根和教, 武田憲昭, "平衡神経・眼球運動シミュレータを用いた良性発作性頭位めまい症の治療支援", FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム, G-023 (5-7 September 2007).
  2. 岡本武司, 三浦克介, 中前幸治, "弛緩法マッチングと散布図解析によるVLSI自動欠陥検出の精度向上", 電子情報通信学会2007年ソサイエティ大会, C-12-3 (10-14 September 2007).
  3. 二宮幸夫, 三浦克介, 中前幸治, "レイアウト依存バラつきを考慮したVLSI故障診断法の検討", 電子情報通信学会2007年ソサイエティ大会, C-12-4 (10-14 September 2007).
  4. X. Wu, K. Miura, K. Nakamae, "Methodology for Layout-Based Diagnosis of VLSI Chips Considering Temperature Distribution", 電子情報通信学会2007年ソサイエティ大会, C-12-5 (10-14 September 2007).

平成18年度(2006年度)

  1. 柴田健太, 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, 今井貴夫, 関根和教, 武田憲昭, 久保 武, "Video-oculography(VOG) を用いたリアルタイム眼振運動解析の検討", 生体医工学シンポジウム2006, 1-10 (23-24 Sep 2006).
  2. 中村賢智, 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, "相互情報量を用いた胃X線画像の非剛体レジストレーションによる CAD システムの精度向上の検討", 生体医工学シンポジウム2006, 12-5 (23-24 Sep 2006).
  3. 三浦克介, 中前幸治, 二川清, "LSI故障診断用レーザSQUID顕微鏡観測画像のシミュレーション", 電子情報通 信学会2006年ソサイエティ大会, C-12-32 (19-22 Sep 2006).

平成17年度(2005年度)

  1. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡弘, "SEM画像におけるLSI微細構造計測のためのスケールスペース理論を用いた境界 抽出", 電子情報通信学会2006年総合大会, D-11-127, p. 127 (24-27 Mar 2006).

平成16年度(2004年度)

  1. 四之宮傑, 中前幸治, 藤岡弘, "高可観測テスト環境下でのロジック BIST設計LSIの遅延故障診断", 2004年電 子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演論文集2, C-12-3, p. 73 (Sep 2004).
  2. 冨永達朗, 松尾達, 中前幸治, 藤岡弘, 中杉哲郎, 俵山和雄, "キャラクタプロジェクション方式電子ビーム直 接描画システムにおけるスケジューリング", 2004年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演 論文集2, C-12-4, p. 74 (Sep 2004).
  3. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡弘, "LSI断面SEM観測画像における多重ガウシアンフィルタリングによる境界抽出", 2005 年電子情報通信学会総合大会, D-11-118, p. 118 (21-24 Mar 2005).
  4. 三浦克介, 藤田将史, 中前幸治, 藤岡弘, "弛緩法を用いたLSI微細形状露光パターンSEM像とCADレイアウトの パターンマッチング", 2005年電子情報通信学会総合大会, D-11-129, p. 129 (21-24 Mar 2005).

平成15年度(2003年度)

  1. 栄藤淳, 中前幸治, 藤岡弘, "空間モーメントによる虹彩紋理画像からの眼球運動回旋成分の抽出", FIT(情報 科学技術フォーラム)2003, 札幌, H-008, pp. 429-430 (10-12 Sep 2003).
  2. 松尾達, 中前幸治, 藤岡弘, "人の特性を考慮できるVLSI テスト工程シミュレータ", 2003年電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-1, p. 76 (Sep 2003).

平成14年度(2002年度)

  1. 近久真章, 中前幸治, 藤岡弘, “ウェーブレット多重解像度解析を用いたSEM観測画像からの電子ビームプロフ ァイルの推定”, 2002年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-1, p. 67 (10-13 Sep 2002).
  2. 西村宜晃, 中前幸治, 藤岡弘, “シミュレーション手法によるSEMウェーハ検査システムを用いた歩留り低下要 因早期検出法の評価”, 2002年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-2, p. 68 (10-13 Sep 2002).
  3. 小畠智幸, 三浦克介, 中前幸治, 藤岡弘, “EB・FIB統合化テストシステムにおけるFIB加速電圧の低電圧化”, 2002 年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-3, p. 69 (10-13 Sep 2002).
  4. 橋本慶章, 中前幸治, 藤岡弘, “半導体デバイス外観検査装置の照明方式検討用CGシステム”, 2002年電子情 報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-4, p. 70 (10-13 Sep 2002).
  5. 善田洋平, 中前幸治, 藤岡弘, “DRAMリペア構成とアナリシスの評価”, 2002年電子情報通信学会情報システ ムソサイエティ大会, C-12-28, p. 94 (10-13 Sep 2002).

平成13年度(2001年度)

  1. 野村和博, 中前幸治, 藤岡弘, “CADレイアウトを考慮した組み合わせ回路のEBテスタ遅延故障位置特定アルゴ リズム”, 2001年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-3, p. 64 (Sep 18-21, 2001).
  2. 中田晴己, 中前幸治, 藤岡弘, “VLSIウェーハ製造工程における検査プロセス戦略の経済性評価”, 2001年電 子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-4, p. 65 (Sep 18-21, 2001).
  3. 乗松幸一郎, 中前幸治, 藤岡弘, “LSI生産戦略意志決定支援システム”, 2001年電子情報通信学会エレクトロ ニクスソサイエティ大会, C-12-5, p. 66 (Sep 18-21, 2001).
  4. 織田隆之, 中前幸治, 藤岡弘, “ウェーハテスト工程におけるウェーハ管理コード認識システム”, 2001年電 子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-6, p. 67 (Sep 18-21, 2001).
  5. 直居加奈恵, 中前幸治, 藤岡弘, 今井貴夫, 関根和教, 武田憲昭, 久保武, “医学応用3次元眼球運動シミュ レータ”, 2001年電子情報通信学会情報システムソサイエティ大会, D-7-5, p. 55 (Sep 18-21, 2001).
  6. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡弘, “LSI断面SEM観測画像の微細形状計測アルゴリズム”, 2002年電子情報通信学 会総合大会, C-12-4, p. 86 (Mar 27-30, 2002).

平成12年度(2000年度)

  1. 西田裕樹, 中前幸治, 藤岡弘,“LSI製造プロセスシミュレータによる歩留まり低下要因早期検出方の検討”, 2000 年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-5, p. 85 (Sep 30-Oct 3, 2000).
  2. 玉村亘, 中前幸治, 藤岡弘,“LSIパッケージリード端子自動検査システム”, 2000年電子情報通信学会エレク トロニクスソサイエティ大会, C-12-7, p. 87 (Sep 30-Oct 3, 2000).
  3. 渡辺麟太郎, 中前幸治, 藤岡弘,“BGAパッケージのはんだボール検査システム”, 2000年電子情報通信学会エ レクトロニクスソサイエティ大会, C-12-8, p. 88 (Sep 30-Oct 3, 2000).
  4. 田辺光紘, 中前幸治, 藤岡弘,“DRAMウェーハレベルCSPのシミュレーション技法による経済性評価”, 2000年 電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, C-12-39, p. 119 (Sep 30-Oct 3, 2000).
  5. 越智敬介, 中前幸治, 藤岡弘,“ビデオカメラ画像を用いた眼球運動追跡システムのための頭部運動検出”, 2000 年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会, D-7-10, p. 66 (Sep 30-Oct 3, 2000).

平成11年度(1999年度)

  1. 伊藤敦, 中前幸治, 藤岡弘, “メモリフェイルビットマップの故障パターン分類及び分布推定システム”, 1999 年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-1 (1999).
  2. 山崎博之, 中前幸治, 藤岡弘, “VLSIテスタビリティ改善のための内部電流テストポイント導入”, 1999年 電 子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-2 (1999).
  3. 柳生慎也, 中前幸治, 藤岡弘, “EBテスティング容易化のためのテストパッド導入ツール”, 1999年 電子情報 通信学会 ソサイエティ大会, C-12-4 (1999).
  4. 古賀航, 中前幸治, 藤岡弘, “VLSI製造ファイナルテスト工程におけるレイアウトを考慮した人的資源の評価 ”, 1999年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-6 (1999).
  5. 山地繁徳, 中前幸治, 藤岡弘, “VLSIウェーハ製造工程における検査・修正プロセスのモデル化と経済性評価 ”, 1999年 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-9 (1999).
  6. 安波真悟, 中前幸治, 藤岡弘, “ビデオカメラ画像を用いた眼球運動追跡システム”, 1999年 電子情報通信学 会 ソサイエティ大会, D-7-19 (1999).

平成10年度(1998年度)

  1. 真田克, 藤岡弘, “Iddq異常現象を利用した配線ショート個所検出手法”, 1998年電子情報通信学会ソサイエ ティ大会, C-12-6 (1998).
  2. 真田克, 藤岡弘, “Killer欠陥抽出の為の診断領域の定義 ― Iddq異常現象を用いた故障診断”, 1998年電子 情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-7 (1998).
  3. 稲垣尋紀, 中前幸治, 藤岡弘, “多層構造標準セル設計 CMOS LSI光学顕微鏡画像からの回路認識の検討”, 1998 年電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-11 (1998).
  4. 永井努, 中前幸治, 藤岡弘, “レイアウト解析によるEBテスティング容易化テストパッド配置優先順位の決定 ”, 1998年電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-12 (1998).
  5. 石村貴志, 中前幸治, 藤岡弘, “故障シミュレーションを利用したEBテスタVLSI故障追跡アルゴリズム”, 1998 年電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-13 (1998).
  6. 池田栄二, 中前幸治, 藤岡弘, “EBテスタ観測画像からの動信号領域抽出とその疑似カラー表示”, 1998年電 子情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-14 (1998).
  7. 北村充弘, 近村晶央, 中前幸治, 藤岡弘, “LSI生産システムにおけるテスト工程の短TAT戦略とコスト評価”, 1998 年電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-12-15 (1998).