平成18年度 (2006年度)

論文

  1. T. Imai, N. Takeda, M. Ito, K. Nakamae, H. Sakae, H. Fujioka, and T. Kubo, "Three-dimensional analysis of benign paroxysmal positional nystagmus in a patient with anterior semicircular canal variant," Otology & Neurotology, vol. 27, no. 3, pp. 362-366 (April 2006).
  2. T. Imai, N. Takeda, M. Ito, K. Nakamae, H. Sakae, H. Fujioka, T. Matsunaga, and T. Kubo, "Benign paroxysmal positional vertigo due to a simultaneous involvement of both horizontal and posterior semicircular canals," Audiology & Neuro-Otology, vol. 11, no. 3, pp. 198-205 (2006).
  3. Y. Midoh, K. Nakamae and H. Fujioka, "Object size measurement method from noisy SEM images by utilizing scale space," Measurement Science and Technology, vol. 18, no. 3. pp. 579-591 (2007).

国際会議

  1. K. Miura, K. Nakamae, K. Nakano, and H. Fujioka, "Study on image-based remote inspection concept," in Proc. 50th International Conference on Electron, Ion and Photon Beam Technology and Nanofabrication, Baltimore, USA, pp.73-74 (30 May -2 June 2006).
  2. Y. Midoh, K. Nakamae, H. Fujioka, ''A comparison of wavelet multiresolution analysis and scale-space edge detection for lithography metrology, '' in Proc. SPIE: Wavelet Applications in Industrial Processing IV, Boston, USA, vol. 6383 (Oct 2006).
  3. Y. Midoh, M. Nakamura, M. Takashima, K. Nakamae and H. Fujioka, "Computer-assisted lesion detection system for stomach screening using stomach shape and appearance models," in Proc. SPIE: Medical Imaging, San Diego, USA, vol. 6514 (17-22 February 2007).

著書

解説・その他

研究会

  1. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, "LSI微細構造SEM画像における多重ガウシアンフィルタリングによる境界抽出", LSIテスティングシンポジウム/2006会議録, pp. 1-6 (8-10 November 2006).
  2. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, "メトロロジーのための多重ガウシアンフィルタリング法とウェーブレット多重解像度解析法との比較", LSIテスティングシンポジウム/2006会議録, pp. 7-12 (8-10 November 2006).
  3. 岡本武司, 三浦克介, 中前幸治, "自動欠陥分類のための分類手法 (ルールベース、KNN、PNN、SVM) の比較", LSIテスティングシンポジウム/2006会議録, pp. 47-52 (8-10 November 2006).
  4. 三浦克介, 中前幸治, "レイアウト抽出ネットリストを用いたSoCマクロブロックの故障診断手法", LSIテスティングシンポジウム/2006会議録, pp. 199-204 (8-10 November 2006).
  5. 酒井哲哉, 二川 清, 三浦克介*, 中前幸治, "走査レーザSQUID顕微鏡のレーザ変調高周波化による故障個所絞込み位置精度向上", LSIテスティングシンポジウム/2006会議録, pp. 305-310 (8-10 November 2006).
  6. 三浦克介・中前幸治, "抽出レイアウト情報を用いたSoCマクロブロックの故障診断手法", 信学技報 (to be published).

学術講演会

  1. 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, "SEM画像におけるLSI微細構造計測のための スケールスペース理論を用いた境界抽出", 電子情報通信学会総合大会, D-11-127 (27 March 2006).
  2. 柴田健太, 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, 今井貴夫, 関根和教, 武田憲昭, 久保 武, "Video-oculography(VOG)を用いたリアルタイム眼振運動解析の検討", 生体医工学シンポジウム2006, 1-10 (23-24 September 2006).
  3. 中村賢智, 御堂義博, 中前幸治, 藤岡 弘, "相互情報量を用いた胃X線画像の非剛体レジストレーションによる CADシステムの精度向上の検討", 生体医工学シンポジウム2006, 12-5 (23-24 September 2006).
  4. 三浦克介, 中前幸治, 二川 清, "LSI故障診断用レーザSQUID顕微鏡観測画像のシミュレーション", 電子情報通信学会2006年ソサイエティ大会, C-12-32 (19-22 September 2006).